TEL: 0178-32-7822   /   littledesk.info@gmail.com   /  青森県八戸市十八日町19 2F

  • w-facebook

© 2015 by LittleDesk

  話題の こどもプログラミング教室が 八戸に開講!

 

コンピュータはアート、サウンド、映像、アニメーションにゲーム、様々な表現のツールになります。それを可能にするのがプログラミング。コンピュータを「使う人」からコンピュータで「つくる人」へ!

プログラミングってなに?

プログラミングというのは、コンピューターで動くものをつくる技術です。お子さんの大好きなゲームもスマホのアプリも、ホームページも。みんなプログラミングで作られています。

 

以前は、コンピュータにくわしい一部の人だけがひそかに熱中した分野ですが、コンピュータが身近なものになり、コンピュータでものづくりをしたい!という人がふえるにつれ、近年にわかに注目を集めています。

 

リトルデスクの「こどもプログラミング教室」では、Scratch(スクラッチ)というお子さん向けのプログラミング言語を使った、ゲーム作りなどを通して楽しくプログラミングの基礎を学ぶことができます。ゲームで遊ぶのも楽しいですが、ゲームをつくることはもっと楽しい!ものづくりの楽しさと難しさを体験できるユニークな習い事です。

Scratchってなに?

プログラミングは本来、お子さんが簡単に学ぶことのできるものではありません。しかし、近年アメリカのマサ赤チュー工科大学でお子さんがプログラミングを学ぶことのできるScrach(スクラッチ)というソフトウェアが開発され、お子さんでもプログラミングを学ぶチャンスが生まれました。リトルデスクでは、このスクラッチを、お子さんのプログラミング学習のスタートとしています。

 

スクラッチでは、英語を打ち込んでプログラミングする代わりに、ブロックをつなげてプログラミングをしていきます。だから、キーボードに慣れていないお子さんでも安心!

 

また、お子さん向けに開発されたといっても、プログラムの仕組み自体は、基本的に本格的なプログラミングと同様の構造をもっているのもよいところです。いずれは、本格的なプログラミングを学びたいと思っているお子さんが、スムーズにプログラミングの世界に入れるように、考慮されて設計されています。

 

 

どうやって学ぶの?

大人がするように、プログラムの基本知識を覚えてからプログラミングを始めるのでは、せっかく魅力のあるプログラミングもお子さんにとってはただのお勉強になってしまします。

 

そこで、リトルデスクではゲームをつくるプロジェクトを通して、お子さんが楽しくプログラミングの基本をマスターできるよう作られたオリジナル教材をご用意しています。ひとつひとつの課題をクリアーしていくと1つのゲームが完成!完成したら、自分流のゲームにアレンジすることで、技術を自分のものにしていきます。

 

ただ、本当にプログラミングを自分のものにしていくためには、自分のつくりたいものを1から作る過程が欠かせません。そこで、課題のプロジェクトをいくつかクリアしたら、自分のつくりたいものをつくるプロジェクトにも取り組みます。どんな初歩的なプログラムでも、自分の力で完成したときのよろこびは本当に大きいものですよ!

生徒さんの作品をご紹介!

卓球ゲーム(6年生)

 

マウスで動くラケットで、卓球の球をはね返しながら、敵を倒していくという、とってもユニークなゲームです。はじめは、シンプルな卓球ゲームを作りたいというところからスタートして、どんどん発想が広がっていきました。

 

球を逃さないようにしつつ、敵を倒していくのはなかなか難しい!ゲームを進めていくと、びっくりするような仕掛けも用意されています。

シューティングゲーム(6年生)

 

ゲーム好きなら一度は作ってみたい!シューティングゲームです。マウスでロケットを動かしながら、スペースキーで球を発射します。敵キャラの動きをランダムにしたことで、ゲームの難易度はなかなか高いですよ。

 

何体かの敵キャラを倒すと、一発では倒せないボスキャラが登場。クリアの条件もきちんと用意されているので、ぜひクリア目指して遊んでみてくださいね。

開講クラスのご案内

こどもプログラミング教室

 

対象:小学4年生〜中学生

月2回 土曜日(隔週)

15:00〜16:30(90分)

17:00〜18:30(90分)※新設しました

入会金:5,000円

月謝 :5,000円

※パソコンは教室のものを使用します。

パソコン経験のないお子様でも全く問題ありません。